古座磯マニア・迫力の古座の磯釣り紹介ウェブ

古座の磯釣り当サイトのウェブマスターHN:海信です。こんちは!

このサイトでは、僕の和歌山の磯釣りのホームグラン「古座の磯」を色々な角度から紹介させていただきます

紀伊半島の東側を向く古座の磯は、冬場の北西の風に強く、南紀の温暖な気候もあり、非常に魚種が多彩で、色々な釣り物を楽しむことが出来ます。

グレは、時折尾長グレの良型が回ることもあるし、口太グレは、表磯ほどではないにしても、寒の時期には2キロクラスの大型もじっくりと狙えたりします。案外産卵時期には、裏磯が良くなったりしますが、ピッタリということですね。

フカセで楽しむ、真鯛や石鯛は大型が出ることがあるし、ホンダワラでマニアックに狙うイガミは毎年豊漁です。

当サイトは、そういった古座ならでは釣りを色々と紹介してまいります、どうぞ、よろしくお願いします。

最新記事一覧

通った者だけが知る!マニアックな古座の釣り方攻略法

古座川の沖に浮か大小様々な古座の磯。それぞれに違った特徴がありますが、基本的な釣り方は実は同じ・・・というか数パターン知っていれば、だいたいの古座の磯釣りはこなせると思います。

狙いの中心の「口太グレ」を置くのは常識と思われるかもしれないですが、古座の磯は当たってくるのはグレばかりじゃありません。むしろ外道の方がスゴイヤツが当たってきたりします。

グレを狙いつつも石鯛や大型真鯛に対応するために知っておきたい道具、仕掛けのこと・・・

古座以外の磯でも、十分に通用するし、知っておきたいことだともいます。

汽水域ならでは多彩な魚種を一部紹介

古座の磯は古座川の影響で水潮になりやすいですが、これは裏を返すと、古座の魚は、他の地域の魚よりも水潮慣れしていると思います。雨後のにごりが入っているときは、良潮にもなりやすく、大型もこのタイミングで出ることが多いです。

グレは寒の時期に良型が出やすいのは、裏を返せば先にエサを取る小型が少ないことも意味します。「簡単に40cmのグレが釣れた・・・」って言う人は、他の磯に比べて、古座の場合は多いような気もします。

グレ以外にも、真鯛やチヌの魚影も濃く、「石鯛がフカセで釣れる磯」てことで、和歌山の磯に通っている人なら、ご存知の人も多いと思います。

知っておきたい古座磯のポイント情報

上り潮、下り潮、古座川の真水、冬場に強く吹きつける北西の風・・・、古座の磯釣りに、様々な自然状況が与える影響は、釣りの攻め方にも色々な変化が要求されます。

下り潮が走れば大箱の中でもワンゴは爆釣を誘発することがあるし、上りが走れば猿の腰掛が有力になる・・・

一般論なので、逆もありえますが、基本知識として知っておけば、10分で構えなおせるところに魚はいたりします。

九龍島の真鯛は、上り潮と下り潮では、狙うポイントが違う。タナも変われば、仕掛け全体から変えていく必要があるし、同じようでも中島の真鯛狙いとなるともう少し仕掛けは軽くした方が良かったりします。水深も潮の早さも変わらないのに・・・

僕が通って覚えた各ポイントの釣り方とポイント情報を一挙に公開!

新着情報

2014年12月06日
かにの通販サイト「カニマニア」と相互リンクしました
2013年5月19日
古座磯マニア・迫力の古座の磯釣り紹介ウェブ更新しました

釣り師として「ライフジャケットの着用」、「海をゴミを残さない」等、最低限のマナーを守って釣りを楽しむようにしましょう。

Copyright(c) 2013 Kaisingeki Web Service All Rights Reserved.