マニアックな古座の釣り方

はじめに

グレ以外にも色々な釣り物を楽しむ古座の磯釣りでは、グレ以外のターゲットに色々と気を配っておくことが大事なことだと思います。

例えば、南紀のグレ釣りは大半がターゲットは口太グレですが、食いの渋い口太を攻略するために、スレ針とか使いたくなるタイミングは、他の磯と同様に古座の磯でもあります。

しかし、外道で当たってくる、チヌや石鯛は細軸のスレ針など使うと、あっという間に伸ばされてしまうし、大型のイズスミや良型のサンノジが高確率で当たってくることなども想定すると、あまり食いの良すぎる針も使いづらい・・・(グレ狙いの2号以下のハリスだと、飲まれると高確率で切られます)というのが僕の思っているところです。

もちろん、グレの活性が高く、「今日はグレ釣りを楽しもう・・・」というときは、ハリスは1.5号から太くても2号程度で良いし、針も5号から6号の口太グレ用の針が重宝します。しかし、ちょっと待ってください。

「グレだけを専門に狙うなら、別に古座のマニアである必要はないんじゃないか・・・」

おそらくグレだけ狙うなら、表磯に行った方が、たくさん釣れるだろうし、あえて「古座」を選ぶ必要も無いと僕は思ってます。

上物の釣りでは、いつも思っているんですが、同じサイズなら口太グレよりサンノジの方がパンチがあって釣るだけなら面白いし、釣った後食べることまで考えているにしても、それだったら、グレより真鯛や青物(あるいはカワハギなど)を釣る方が、家族も喜ぶでしょう。グレを握ってくれる寿司屋はほとんど聞いたこと無いですが、「美味い魚は寿司屋にある」のは、あなたも知っている通りで、こう考えると、グレって「自分で釣ったから旨味が増しているだけ」で万人が「美味い美味い・・・」って言う魚ではないわけです。

というわけで・・・

自分の釣りを客観的に見てみると、僕をはじめ一般人がグレ(釣り)に執着する理由がほとんど見当たらないことに気づけます。魚を釣ることで煽って道具を買わせるテスターさんなら「グレ釣り」に執着することもありえる話ですが、グレを念頭におかず、「磯釣り」を楽しむようになって、僕の釣りはかなり変わりました。具体的に言うと、「グレだけ狙っているときより数倍は面白くなった」こう思います。

とはいえ、「グレ」というターゲットは潮を釣る事にその奥義があります。グレが釣れる潮、グレが釣れない潮、この区別が付くだけでも、その日の自分の釣りに色々な工夫が出来たりするし、グレは潮を釣るための貴重なバロメーター的な存在でもあります。

なので、古座の磯でも、キチっと釣るためには、「まずはグレを狙う」がキモになります。

基本釣り具

まず、ロッドですが、僕は、季節、時間帯によって色々と使い分けるようにしてます。

9月から12月中旬
朝一番から14時までは1.2号~1.5号、延長釣り※(14時~17時)は1.7号~2号
12月中旬から1月いっぱい
朝一番から14時までは1.2号、延長釣りは1.7号
2月からゴールデンウィーク明けまで
朝一番から14時までは1号、延長釣りは1号~1.2号

※10月から12月いっぱいまでは伊勢エビ漁が解禁になるので、基本的に延長釣りはありません。ただ、満月の大潮はイセエビが脱皮のため、エビ網が休業になります。このタイミングは延長釣りが可能です。

秋口から初冬にかけて、まだ水温が18℃以上あるようなときは、「謎の魚」が頻繁に当たってきます。あまり道具は落とさない方が得策になります。

水温が下がりはじめる年末から年始に掛けては、食いが渋いときも予想されるので、少し軽めのタックルのセットも必要になります。

2月に入ると、グレを中心に、3月に入るとノッコミのチヌなども、視野に入れますから、あまりゴツいタックルは必要ないです。ただ、いずれの時期でも、夕方の一発は常に頭に入れておく方が無難です。朝釣りの一回りゴツいタックルで夕方の時合いを迎えられることを推奨します。

リールは、2500番でOKと思います。スペアスプールで番手を変えて、2号から3号の道糸を150mセットできるものを用意されておくと良いと思います。

真鯛の大型、石鯛の良型が頻繁に食ってくるときは、4000番のリールに4号から5号の道糸を用意する方が良いですが、このリールをセットするロッドは、1.7号~2号です。

1.7号~2号のロッドは秋口の謎の魚(切られて始めて謎の魚なので、魚種は判別できません)、初冬の大型イズスミ狙い(タキタキという和歌山の名物料理の具材)、年明けの下りの大型真鯛狙いの時に使用しますが、揃えられない人は1.5号使いまわしを推奨します。

この他、装備などは、他の磯と全く同じです。ブーツですが、秋口は、チョボ、中島、セシマ、赤島などには、コケが生えているので、フエルトスパイクが良いですが、コケが無くなったら、別に普通のスパイクシューズでも、フエルトオンリーでも大丈夫です。

基本仕掛け

古座の上物は、基本は「際狙い」ですが、エサトリが多いときなどは、もちろん少し前を流したりもします。

潮の流れは、飛ぶようなことはほとんど無く、流れても緩やかな流れを釣る事になることが大半です。

水深は、九龍島(くろしま)、中島、大箱船着、グンカン島などに、深いポイントもありますが、小箱周辺やセシマなどは、比較的浅めの釣り場で軽い仕掛けがメインになります。最近流行のゼロスルスルの仕掛けに部があると思います。

大箱水道、ワンゴ、サルノコシカケ、所長島、チョボ、カモメ島、小箱の小箱、セシマ、鯛島(目、尾)、赤島、中島、九龍島の際のグレ狙い、グンカン島の勝浦向きのグレ狙いは、ウキのサイズがSサイズが推奨で、風がある場合や、二枚潮の場合は00号をメインに使用されると良いと思います。

図ではハリスがウキ下になってますが、ハリスを4ヒロから6ヒロほど、道糸に直結して、ハリスの中に仕掛けをセットするのも有力です。特に年明けからそのパターンが重宝すると思います。

古座川の影響を強く受ける古座の磯は、水温の変化も他の磯より著しいとも思います。よって、極端に食いが渋いときなどもありるし、うるさかったエサトリがさっと消えて、何もいなくなったような時は大型魚が接近していることが多く、この場合は、サシエを目立たせて釣るのが良かったりします。

口ナマリは、針上5cm程度の所に打つときは、「目立たせる」意味で、深く入れたいときは、矢引(約80cm)くらいの所に打つと決まりやすいです。

それと、古座に限らず、磯釣りに風はつき物で、風があって、波気が出るから食いが立つ場合も多いですが、そういう時はノーシンカー(完全フカセ)で仕掛けが入りにくかったりもします。

その場合は、潮受けストッパーの直ぐ下に打つと、きれいに入ったりします。知っておきたい基礎知識だと思います。

真鯛狙い

グレを狙っているような場合でもタナがある程度決まっているようなときや風が強いとき、流れが速いとき、あるいは、深いタナを狙うようなときは、通常の遊動仕掛けに仕掛けを組んだ方が釣りやすかったりします。

この仕掛けは「真鯛狙い」としてますが、秋口にサラシを釣るような場合などにも有力で、大箱の水道やワンゴ、大箱ハナレのグレ狙いなどにも有力です。この場合は、タナは3ヒロから4ヒロ程度になることが多いです。

遊動仕掛けで真鯛をメインで狙うポイントは、クロバナ(九龍島のハナ)、中島の大島向き、グンカン島の古座向きから勝浦向きの遠投、大箱船着のセシマ向き遠投・・・こんな感じです。

シズは、その時の風や潮の流れ、潮位などで、色々と打ち分けますが、九龍島の真鯛狙いは流れていれば3B+3B+B、流れがゆるければ3B+Bで基本です。

中島はB+Bくらいでゆっくり沈める方が良く当たると思います。グンカン島は結構流れるので、3B+Bで、早めに立たせる方が得策と思います。

大箱船着の真鯛狙いは、そんなに早い潮は無いと思いますが、北西の風を正面に受けることが予想されるので、やっぱり、3Bくらいのシズは打ちたいところです。いずれのポイントも遠投が必要なので、ウキのサイズはMからLが良いと思います。

全体を通して古座の基本的な釣り方は?

古座川の真水と海水が混ざりやすい古座の磯は、二枚潮にもなりやすい性質を持っています。

よって、「沈め探り釣り」という釣り方がメインと覚えておかれると良いと思います。

だいたい、ウキ下は2ヒロ半から3ヒロ程度にとって、馴染むとウキが沈んでいって、当たりは体感ショックで来るという具合です。まあ、最近の釣りはこんな釣りばかりだと思いますが、古座の磯もご他聞にもれずってことです。

ぜひ参考にして、古座の磯を攻略してみてくださいね。

新着情報

2014年12月06日
かにの通販サイト「カニマニア」と相互リンクしました
2013年5月19日
古座磯マニア・迫力の古座の磯釣り紹介ウェブ更新しました

釣り師として「ライフジャケットの着用」、「海をゴミを残さない」等、最低限のマナーを守って釣りを楽しむようにしましょう。

Copyright(c) 2013 Kaisingeki Web Service All Rights Reserved.