古座の磯で釣れる色々な魚

はじめに

このページでは、僕がこれまでに釣ってきた古座の色々な魚たちを紹介します。

通っていれば色々な魚種に出会うことが出来ました。基本は「潮に素直に流す釣り」を心がけてやってきましたが、今現在(2013年5月20日時点)で、藤田渡船の記録なっている魚種もいくつかあるようです。

まあ、まだまだ大きいの釣れると思います。これからもどんどん古座の磯に釣りに行きたいと思ってます。

関連記事へリンクも貼ってますから、僕のブログ「磯釣り・波止釣り・俺の釣り」も良かったらご覧ください。

尾長グレ

2008年12月7日・大箱船着
46.5cm、1.65キロ

これを釣った後に、もう一発同じようなヤツを掛けたんですが、それは逃げられました。和歌山の磯で45cmオーバーの尾長グレは簡単には出てくれないので、うれしい一発でした。

口太グレ

2011年11月14日・九龍島
46cm、1.65キロ
関連ブログ記事・好調の古座で46cmの良型のグレ

コッパグレが良く釣れていた潮で、このサイズがくると思ってなかったで、ビックリしました。九龍島のハナ、赤島向きでタナは5.5ヒロでした。


2010年1月16日・九龍島
45cm
関連ブログ記事・真鯛良型・連発ヒット!

同じ日に真鯛の76cmを釣りましたが、真鯛狙いの深ダナで食ってきました。上り潮で(串本)大島向きの遠投でした。

ヒラスズキ

2012年5月6日・大箱猿の腰掛
86cm、6キロ

2012年5月6日・大箱猿の腰掛
80cm、4.2キロ
関連ブログ記事・良型ヒラスズキ連発ゲット!

関東地方で起きた竜巻の影響で和歌山沿岸でもうねりがあって、前日の雨のため水潮で、小鯖が大量発生という、ヒラスズキ狙いの好条件が重なった時の釣果。ワレのサラシがポイントでサシエは生きた小鯖でした。

石鯛

2013年2月21日・セシマ
53cm、2.4キロ
関連ブログ記事・古座で石鯛釣ってきました

前々日にも石鯛の釣果があったセシマでしたが、上手い具合に良型を出すことが出来ました。大島向きの生え根の際をスルスルでゲット。

真鯛

2010年1月16日・九龍島
76cm、5.2キロ

2010年1月17日・九龍島
63cm、3.2キロ
関連ブログ記事・真鯛良型・連発ヒット!

前日の15日に九龍島で71cm(6.6キロ)の石鯛がフカセで上がったということで、急遽出向きましたが、僕に当たったのは真鯛でした。

76cmの鯛は、その日のアフターフィッシングの鍋の具材になったため、14時の船に乗り込んで記念撮影。美しい九龍島を背景に最高の写真になりました。

チヌ

2013年4月19日・鯛島の尾
57.7cm、3.82キロ
関連ブログ記事・時化の古座でのっこみ良型チヌゲット!

東風でうねりの高い日の釣行だったので、鯛島に行きましたが、まさかこのサイズのチヌがくるとは思ってませんでした。チヌでこれほどドラグが鳴くとは・・・笑。ビックリしました。

コロダイ

2011年3月28日・大箱の掛かり(西川船頭の釣果)
76cm、約4キロ
関連ブログ記事・春の古座 謎の魚と ご対面

このサイズのコロダイは、古座ではよく掛かってくるわけですが、なかなか取り込めないことが多く、古座の常連の間ではメインターゲットの一つといってよいと思います。古座のコロダイは、夏の夜釣りで離島の尾長仕掛けで釣ると面白いと思います。

メジロ

2013年1月13日・中島
約60cm、3キロ
関連ブログ記事・ハマチと真鯛で古座の初釣り

いつもは手を焼くアジのエサトリがほとんどいない日で、遠投でやっと釣れたアジをサシエにしたら、一発で食ってきた一撃。1.2号のロッドに3号ハリスでかなりやり取りは楽しかったです。

イサギ

2011年10月7日・チョボ
39cm、重量不明
関連ブログ記事・秋の古座は怒涛の五目釣り

強いアタリの割には針外れが連発してたので、「何かな?」と思っていたら良型のイサギでした。この時は、このサイズが回ってました。

フエフキ

2011年10月7日・チョボ
37、8cm?重量不明
関連ブログ記事・秋の古座は怒涛の五目釣り

秋のチョボで釣りましたが、所長島でも、同じものを釣ったことがあります。このサイズでも、和歌山のグレ仕掛けだといっぱいいっぱいにさせられるので楽しいし、食味はかなり良いです。

イガミ

2013年2月26日・セシマ
45cm、重量不明
関連ブログ記事・古座で良型のグレとイガミを釣りました

串本向きの低場の際で掛かった一撃。この前の釣行で石鯛を釣っていたので、「また来たか!」と思ったら、途中で白黒のはずが赤に変わりました。(笑)

イシガキ

2011年9月11日・大箱ハナレ
34cm
関連ブログ記事・古座で底物を楽しんできました

底物の釣りは、僕の場合、夏場限定で年に2、3回程度しかやらないので、イシガキでもアオブダイでもヒブダイでも、当たってくれたら何でもうれしい・・・笑

ヒブダイ

2012年1月16日・大箱水道
49cm、2.15キロ
関連ブログ記事・うねりの古座で五目釣り

このターゲットは、上物の釣りの中では、もしかしたら、取り込みだけなら一番面白いかも?というくらい強烈な引き味を見せます。古座でも時折釣れますが、専門で狙うなら、大箱のハナレか小箱の小箱くらいかしら?

イズスミ

2011年3月28日・大箱猿の腰掛
55.3cm、2.85キロ
関連ブログ記事・春の古座 謎の魚と ご対面

タキタキ(イズスミのすき焼き)の具材として、冬場の和歌山の磯では専門に狙う人も居ます。遠投でタナは4ヒロ半でした。

サンノジ

2011年11月14日・九龍島
43cm
関連ブログ記事・好調の古座で46cmの良型のグレ

このサイズのサンノジは遊んでもらうには最高のお友達でしょう。

アイゴ

2011年11月9日・大箱ワンゴ
42cm
関連ブログ記事・うねりまくりの古座で撃沈

大箱はワンゴから船着がアイゴの一級ポイントで良型が出ます。これは太っているので刺身にすると最高と思います。

このほかにも、アオリイカ、ヘダイ、ヒラメや丸スズキ、アオブダイなど、色々な物が古座では釣れます。

まだまだ釣ってないものもあるので、足繁く通うのみ!です(笑)

新着情報

2014年12月06日
かにの通販サイト「カニマニア」と相互リンクしました
2013年5月19日
古座磯マニア・迫力の古座の磯釣り紹介ウェブ更新しました

釣り師として「ライフジャケットの着用」、「海をゴミを残さない」等、最低限のマナーを守って釣りを楽しむようにしましょう。

Copyright(c) 2013 Kaisingeki Web Service All Rights Reserved.