知っておきたい古座のポイント

はじめに

古座の磯は大きく分けて、九龍島を中心とした岡側の磯、大箱小箱を中心とした沖磯に分かれます。

大きな島の割には、案外釣り場が少ない九龍島、足場が低い割には、案外うねりに強いチョボ・・・

ポイント情報に精通することは、そのポイントを釣りこなす上で非常に重要なことと思います。本項では、僕が知っているいろいろな古座磯のポイント情報を展開します。

上り潮か下り潮かで、釣る向きとかも変えた方がいい場合もあるので、ぜひ参考にして良い釣りをご実践ください。

大箱

上物は全体的に西から南の方向を向いて釣りをするので、冬場の北から北西の風に強く、足場は全体的に良いです。

底物のポイントは、船着の古座向き、タナ、ハナレの勝浦向きがメインで、秋から初冬にかけてが実績があります。ちなみに、古座の底物は貝エサがメインです。

上物の釣り物は、グレを中心にイガミやチヌなども釣れます。イサギやアイゴなども良く釣れ、古座の中では最も釣りやすい磯であると思います。

大箱(船着)

先端の低場が良いです。グレ、チヌ、アイゴは際を中心に2ヒロ半から3ヒロ半程度、あまり際に近づけすぎると根掛かりします、

遠投して軽い仕掛けで全層で釣ってみて、真鯛や尾長グレがあります。(下り潮が良いと思います)

ワンゴ側に陣取って、際を狙うとアイゴ、コロダイがあります。定員2名から3名程度

大箱(ワンゴ)

ショチョウ島向きに釣る場合は、左からサラシが来るので、よれに出来るだけ軽い仕掛けを馴染ませると良型のグレがあります。

左側のワニの口の底はゴロタで、コッパグレがたくさん付いてますが、イガミなどを狙っても有力。水温の高い時期は尾長グレが釣れたりします。(あまり大きなものはいないようですが・・・)

小箱向きの際にアイゴ、サンノジ。遠投してグレがありますが、際で食わせる方が平均的に型は良いと思います。(写真は際で食わせたシブカミ級のアイゴ)

うねりのある時は、ワニの口を回って後ろも潮が来ますから要注意。メインの狙いたい潮は下り潮です。定員2名

大箱(水道ワニの口側)

水道側では足場は最も安定しているのがここです。際の生え根は、棚状になっていて、前方5mくらいのところまで張り出してます。このタナの際を狙うと良型のグレ、サンノジ、アイゴなどが来ます。

満潮時は、左側のくぼみからサラシが強く出て、これが仕掛けの操作を邪魔します。どちらかと言うと、底からの返しの潮で実績があります。定員2名

大箱(水道)

足場は上手い具合に出っ張りが出ているので、釣り座としては構えやすそうですが(ちょうど写真で僕が立っているところ)、満潮時には足元まで潮が来ることがあるので、チャラン棒は持っておいた方が良いです。

際の3ヒロまでくらいをメインで狙いますが、グレ、石鯛、サンノジ、チヌ、アイゴ、サンノジ、イズスミなど、古座で釣れる魚種のほとんどの実績があります。

前方の水道のチョボまでの間の海溝を狙うのも有力で、色々な魚が当たってきます。上り潮がイチオシですが、下りでも釣れない事はありません。定員2名

大箱(猿のコシカケ)


(猿のコシカケ・右側)

北西の風裏になるため、冬場の大箱のポイントでは、最も人気のあるポイントだと思います。

際の3ヒロから4ヒロ程度を軽い仕掛けで落としこんでグレを釣るのがメインと思いますが、チョウチョウオがうるさいときは、少し前を釣ります。

ただ、グレが動き出すと、エサトリが大人しくなるので、非常に時合いが解りやすく、良型の釣果も多いです。

際の生え根にマキエを活を入れるように、じっくりをポイントを作っていくことがお勧めです。定員2名


(猿のコシカケ・左側)

猿のコシカケのワレ側も足場は平らで安定してますが、うねりがあるときは、左側のワレから潮が吹き上がってくるので要注意です。

際はサンノジがかなり付いているので、潮が入ったら、退屈はしないポイントで、これにグレが混ざります。

ワレの中もグレが釣れる事もあれば、春先に小鯖が湧いたタイミングでヒラスズキの実績などもあります。(画像は80cmのヒラスズキと勝負しているところです)

エサトリはアジとアカジャコ、チョウチョウオがメインで、イイのが当たるときは、これらが大人しいので、直ぐにわかります。定員は2名

大箱(ハナレ)


(ハナレ・大島向き)

ハナレでグレを狙うときは、串本大島向きに構えるのがよく、際を中心にタナは2ヒロ半から4ヒロ程度で狙いを絞っていかれると良いと思います。

樫野向きの先端は、根が前方に走っており有力ですが、エサトリが多いです。また、アジが付いているポイントでもあるので、気配の無いときはアジのオンパレードになったりすることも多いです。

先端の泳がせでメジロやシオも狙え、アオリイカも狙えます。定員3名


(ハナレ・勝浦向き)

勝浦向きは全般的に底物場ですが、上物で狙っても面白い釣りは出来ます。

サンノジが多いです。完全に東向きになるため西風に強く、軽い仕掛けで落とし込んでいくような釣りがお勧めです。アイゴとか良型があります。定員3名


(ハナレ・勝浦向きの底物場)

勝浦向き、タナ向きであまり遠投をせずに、際を狙う釣りで石鯛があります。波気があるときでも、ここだけは、比較的安全です。定員2名

大箱(タナ)

底物場で、色々なポイントがありますが、もう少し詳しくなってから書きます。(^_^)

底物、苦手です・・・笑。定員2名

小箱

大箱に対して、小さな島が群生する小箱の各島は根が複雑で、色々な魚種を楽しむことが出来ます。

それぞれの磯で色々な特徴がありますが、一口解説で紹介してみたいと思います。

チョボ

全体的に大島向きを釣りますが、ショチョウ島側を釣るか、カモメ島側を釣るかで、少し釣りが変わってきます。

ショチョウ島側は、底はゴロタでチヌの好ポイントです。軽い仕掛けをスルスルで構えて、バキューンと当てるのが基本です。下り潮の時は左に流れるので、ショチョウ島のハナ(先端付近)まで流して尾長グレとかもあります。

対して、カモメ島を正面に釣り座を構えた場合は、足元の生え根が前方10mくらいまで出ているので、強引な取り込みが必要となります。

こっちの方がグレやサンノジは多いと思いますが、底はかなり複雑なので、流れ具合で色々な魚種を楽しむことが出来ます。

チョボは平均的に上り潮が有力で、 この場合、右に流れますが、この潮がとまる時と動き始めるときにアタリが集中することが多いです。定員は3名


(荷物置き場)

荷物は、荷掛(船にあります)で吊るして置くのがベストです。うねりのある日は満潮時で、荷物置き場まで水が来ることがあります。とは言え、案外うねりに強いのもチョボの特徴です。

ショチョウ島


(低場)

上り潮の釣り場で、古座の磯で最も沖側に位置するのがショチョウ島です。

基本的に際の釣りですが、潮は右に流れることが多く、高場からだと、低場の足場が少し邪魔になって、際が釣りづらいです。

高場から釣りをするときは、少し遠投して、大箱水道のチョボまでを狙うこと。これで、グレやチヌ、イサギなどの実績があります。

低場は釣りやすいですが、潮が足元まで来ることがあるので、チャラン棒は持っておいた方が良いです。定員は3名


(ショチョウ島のハナレ)

チョボ向きのショチョウ島のハナレは、干潮時に乗れますが、チヌ釣りには有力と思います。底までそんなに深くないので、2ヒロ半くらいでじっくりと落とし込む仕掛けで狙うのが良いと思います。

小箱の小箱

足場が非常によく、ポイントはベタ際で、良型の確立が非常に高いポイントです。

足元の海溝を中心に狙いますが、それ以外は水深はあまり深くないのでの、潮のにごりのあるタイミングで満潮時が狙い目になります。

小箱の中では最も広く、うねりにも最も強いです。北西の風も背後に受けて立つことも出来るし、寒グレの時期のお勧めポイントです。

定員は3名程度、夏場の夜釣りでコロダイ狙いでも、この島は使えることがあります。


(小箱・ポイント)

カモメ島


(カモメ島のチョボ)

足は低く、凪の日出なければ渡礁は不可です。

グレはカモメ島のチョボの左側を(2ヒロ半までくらいで)中心に狙いますが、ここの底はイガミが多く付いているので、ホンダワラのイガミ釣りでは一級ポイントです。

チャラン棒は必携です。定員3名

九龍島


(クロバナ)

際から竿二本前まででグレが狙え、遠投で真鯛が狙えるポイントです。水深がたっぷりあり、底物もできます。

グレは2ヒロ半から5ヒロ半程度までをスルスルで狙うのが良いと思います。赤島向きに構えても、大箱向きに構えても釣れます。

真鯛は、上り潮の時は、樫野向きに遠投して、最初大箱向きに流れますが、途中で向きが変わって、中島の方向へ流れます。この潮がベストで、タナは2本(7ヒロ)からシズを過負荷打って、沈めながら狙うと良いです。

下り潮の真鯛狙いは、赤島向きに遠投して、グンカン島方向へ流れますが、あまり重くしすぎると根掛かりします。スルスルで潮の早さに応じて、ガンダマを調整して狙うほうが良いと思います。

エサトリはアジとカワハギ、チョウチョウオなどで、かなり多いです。定員3名


(正月島向き高場)

正月島向きの高場は、産卵時期のグレ狙い、ノッコミのチヌ狙いで実績があります。九龍島についてくる潮が大人しくなった時にアタリが集中することが多く、水温の低い時期だと1本(3ヒロ半)から沈めて狙うような感じが良いと思います。定員2名。


(鯛島側)

鯛島側はコッパグレのポイントで、水深もそんなに深くないし、釣りやすいです。

とは言えば、一発大物もありえますから、油断は禁物と思います。スルスルで2ヒロ半までを狙うような釣りで、生え根の際を狙うと良いです。定員数名。

グンカン島


(全体図)

グンカン島は沖側が掛け下がっているし、足場は低いので、凪の日限定で上礁可能です。

春先の大潮周りで干潮時の潮かさが低いときが楽で、満潮時は撤収になることが多いです。チャラン棒は、どんなに凪でも絶対に持っていかないといけないポイントです。


(古座向き)

古座川の流れがマトモに正面から突いてくるし、北よりの風は正面から吹きつけて来るので、ほとんどの場合、当て潮になります。足元はハングになっていて、ベタ際の壁を釣る感じで、良型のグレや石鯛、真鯛、チヌなどが出ます。

正月島向きはチヌが有力。古座川の赤い橋をめがけて遠投すれば、沈め釣りで真鯛があります。定員は2名


(勝浦向き低場)

潮かさが下がったタイミングでここを釣る事が出来ますが、満潮時は無理です。

右側に生え根が出ており、この際を2ヒロ半くらいで狙うとグレが入れ食いになることがあります。

勝浦向きの遠投(タナは二本)に真鯛もあります。定員は1名。

赤島

画像ありません・・・汗

グレの魚影は古座の磯の中では最も濃いのが赤島です。

勝浦向きの生え根の際をメインに釣りますが、ほとんどの場合、二枚潮になっているので、ウキごと沈めて釣るようにするのがキモです。

遠投して真鯛、際の外道に、チヌやイズスミ、サンノジがあります。

足場は良いですが、うねりに弱いし、チャラン棒は必ず持っていくようにしましょう。ただ、西風の強い日は(こういうときは波気はあっても、うねりは収まります)、チャラン棒の荷物は風に吹っ飛ばされたりもするかも?なので、船頭の支持に従ってください。

正月島


(正月島のハナレ)

産卵期の寒グレの好ポイントで、軽い仕掛けでじっくりと釣るのがお勧めです。

西からの風にめっぽう強く、足場は安定しているように見えますが、東のうねりには、かなり弱いです。(少々高いところにいても、駆け上がってきます)

上物ではグンカン島の渡礁待ちとかで使う場合が多く、魚が付いていることがはっきりしているタイミングであれば、じっくりと釣りますが、それ以外の場合ではあまり使わないです。

アオリイカ釣りには適していると思います。

地のハナ

画像ありません

ベタ際をメインに釣りますが、チヌは大型が付いていることがあります。

最も地よりの島ですが、グレの他、石鯛の実績もあります。侮れないポイントです。

鯛島


(タイの目)

荒れ日に威力を発揮する島として常連の間では人気があります。

ポイントは、北西方向を向いているため、東風の日でうねりがある日に使うことが多いです。

際はタナになっており、壁を中心に狙います。画像のとんがり岩の左右に一人ずつ入って、じっくり狙う感じで、グレの他、アイゴ、チヌ、真鯛、コロダイなどの実績があります。


(タイの目・奥側)

奥側は、足場もよく釣りやすいです。左側に根がありますからこの際を軽い仕掛けで狙う感じで、チヌやグレがあります。定員は、とんがり岩の両サイドに1名ずつ。ヤエンのアオリイカ釣りの好ポイントでもあります。


(タイの尾・串本向き)

ここも荒れ日に釣るポイントですが、グレの他、チヌ、真鯛、コロダイなどが狙えます。ホンダワラのイガミ釣りは好ポイントで、際をじっくりと狙う釣りです。定員は2名

中島


(沖向き)

中島の沖向きは基本的に底物場で底物師には人気が高いポイントです。

上物で狙う場合は、際を中心に、軽い仕掛けで深く探っていくような釣りが良いです。

遠投の竿二本から沈め釣りで、真鯛がありますが上り潮がよく、鯛島のハナ方向に流れる潮のときに実績があります。エサトリはアジが中心ですが、時折30cmを超えるような良型のアジがあったりもします。

底物は、石鯛、イシダキ鯛のほかにクエ。定員は数名。


(九龍島向き)

九龍島向きは、完全に上物場で、九龍島を正面に見ると水深は浅いです。(2ヒロ半程度です)

ただ、九龍島のハナを12時として、2時方向に遠投すると、極端に深くなっています。海底の起伏は、かなり激しいので、色々な釣り物が期待できます。

グレ、チヌのほか、アイゴ、イガミなどの有力なポイントです。

セシマ


(串本向き)

古座で、最も人気のあるポイントがセシマだと思います。「ナンなと釣れる磯」と言うことで常連に一番人気であると思います。

島の周り全部がポイントで、代表的なポイントは、串本向き、(串本)大島向き、勝浦向きで、串本向きは、低場になっているので、潮が下がったときしか釣りになりません。

串本向きの際はタナになっていて、このタナの影を狙う感じで釣ります。また、左から強いサラシが来るので、サラシの切れ目を狙うのも有力。串本向きの定員は2名です。


(大島向き)

大島向きは上り潮のときに力を発揮するポイントで、右側の生え根の際を狙うと、グレやチヌ、石鯛などが釣れます。船着は、足場良いですが、うねりがあるときは、満潮時では、足元を洗います、チャラン棒はあった方が良いです。

船着は、前方30mくらいのところに大きな沈み瀬があって、その際を狙うとグレがあります。上り潮で大島に向かって潮がいく時に爆釣になるときがあります。


(勝浦向き)

勝浦向きは、遠投の真鯛や際のグレ釣り、イズスミは全部の場所で、60cmを超えるものが出ますが。勝浦向きでも狙えます。

勝浦向きは、真鯛とチヌがイチオシで、軽い仕掛けでじっくりとスルスルで狙う釣りが良いです。

ただ、上り潮がきつい場合は、このポイントはイマイチで、その場合は、際を中心にグレを狙うのが得策です。定員は2名

導流提


(川上側)

導流提は、川の中の防波堤ですが、こう見えて「グレ釣り場」です。コッパグレの数釣りが楽しめるのが基本ですが、35cmクラスも釣れるので、甘く見ていると痛い目を見ます。(笑)

汽水域と言うことで、チヌは大型が期待出来ます。また、ルアーの釣りで大型のヒラメの実績などもあり、スズキももちろん大型が狙えます。

東風で、満潮の時間帯がよく、秋口の延長釣りが無いときなども、午後からねらい目になったりすることがあります。

新着情報

2014年12月06日
かにの通販サイト「カニマニア」と相互リンクしました
2013年5月19日
古座磯マニア・迫力の古座の磯釣り紹介ウェブ更新しました

釣り師として「ライフジャケットの着用」、「海をゴミを残さない」等、最低限のマナーを守って釣りを楽しむようにしましょう。

Copyright(c) 2013 Kaisingeki Web Service All Rights Reserved.